成功するマインドは作ることが出来る!-株式会社マインドアップ

成功するマインドは作ることが出来る!-株式会社マインドアップ

株式会社マインドアップ

東京都東久留米市前沢5-18-12

トップページ > Mind up Note > ■プラシーボ効果って面白い

■プラシーボ効果って面白い

2014年12月05日


プラシーボ効果は、薬効(薬の効き目)を検証するための方法です。 

薬は投与されれば、その薬効通り効くと思う訳ですが、実は薬を投与されたと思っただけで実際は薬効のない物質を投与されても、本当の薬と同じ効果が出てしまう、という現象のことを指します。 

 

新薬を開発する側からすれば、誠に厄介な現象です。そもそもなぜこのような現象が生じるのか、不合理極まりないと思うことでしょう。でもこれはマインドの働きについてとても興味深いことを教えてくれます。 

 

まず、プラシーボ効果はある種の暗示の効果です。ですから、人間の被暗示性を利用すれば、相当のことが出来るわけです。人間の無意識は外から入って来る情報をそのまま受け取る。正誤とか是非の判断はしない、ということです。このことが、コーチングのビジュアライゼーションやアファメーションによる、ゴール達成体験を人工的に合成(=想像)した情報であっても、あたかもリアルな情報であるかの様に無意識に書き込める、ということに繋がります。 

 

また、人間の身体は、意識がコントロールしている、ということです。薬を貰ったから病気が治るんだ、と無意識が思えば、その通りに実際に病気を治してしまう力がある、ということです。ということは、無意識が病気になったり、病気から治ったりする上で非常に大きな影響力を持っていることが分かります。 

 

私が尊敬するある学者さんは、病気は自己表現である、と言っています。曰く、なりたいからその病気になっている、と。 

なりたくてガンになったり、難病になったりしている、と思っている人はおられないでしょうし、生まれついての難病が、本人の意思か?と言われると私は「ええ、そうですよ」と答える自信はありません。 

 

ただ、自分が病気として表現している、ということであれば、自分が表現を変えれば病気を治せる、ということに繋がります。そして気功が効果があるとすれば、この考え方に依拠しているという事になります。 

 

ただ、こう云った「ロジック」は、今のところ科学的、或は物理的な検証が出来ないうらみがあり、物理法則の様な知見と同列には位置付けられません。 

だからこそ、「プラシーボ効果」は逆に科学者にとって「厄介な問題」であるのでしょう。 

メールセミナーfacebookmind up note

Copyright © 2014 Mindup co.ltd All Rights Reserved.