成功するマインドは作ることが出来る!-株式会社マインドアップ

成功するマインドは作ることが出来る!-株式会社マインドアップ

株式会社マインドアップ

東京都東久留米市前沢5-18-12

トップページ > Mind up Note > ■恐怖心を克服する方法

■恐怖心を克服する方法

2015年01月13日


恐怖心を感じるというのは基本的な本能の一部だそうです。つまり、恐怖感を感じない様に訓練することはできない、ということです。 なんでいきなり恐怖心の話しかというと、私たちは未知のことには恐怖を感じる様に出来ているので、これを克服しないと現状の延長線上にないゴールに向かって行かれない、ということに繋がるからです。

 

恐怖心が本能の一部に備わっているのは、命の危険が迫った時に、間髪を入れずに逃げ出す行動に移るためです。例えば大きな熊が急に目の前に現れたとして、これが本能ではなく理性で判断するのであれば「あれ、大きな動物だな。なんだ? ああ、熊か。てことは逃げないと危ないのではないか? じゃあ逃げるか。」こんな調子でやっていては捕まって噛まれてしまいます。

 

人間にとっての本能としての恐怖心の対象は何かと言えば、襲って来る外敵(動物)と飢える事の二つですが、まず、現代に於いて、地球上で人間より強い動物はおりません。どんな大きな野生動物でも、人間は武器を持てば倒せます。(どちらかというと、小さな毒性昆虫の方が手ごわいかもしれませんね。)ですから、人間以外の動物に対して恐怖を持ついわれは既にありません。

 

それでは飢える方はどうか、というと、現代の日本に於いて、飢え死にすることは事実上ありません。路上生活者が糖尿病になったりする国です。捨てる残飯が多過ぎて問題視されている国です。政治的な不行き届きは多少あるかもしれませんが、まあ、飢えて死ぬことはない。つまり、飢えることに対する恐怖心も不要なのです。 

 

そうは言っても、自分の身に降りかかる個別の問題に対しては恐怖心を感じることはある。事業を始めたけど業績が思うようにならず、資金が底をつきそうだ、とか、見知らぬ外国で仕事をしなければならない、とか、いきなり大勢の前でズンドコ節を歌わなければならない、とかいろいろあります。

 

それで、恐怖心を持つと何が具合が悪いのか、というと、理性或は思考が働かなくなることがまずいのです。普段は理性的であっても、恐怖心は理性を止めて退避行動に駆り立てるための感情なので、感情的になる、つまりパニックを起こす、ということです。 

ではどうやってパニックをおさめるのか?

 

その方法は、好ましくないことが起こった場合、そのためにどの様な結果を生じる可能性があるのか、そしてその対策は何が考えられるのか、その対策を実行したらどんなことが起こるのか、あらゆる可能性を列挙して文章化することです。

例えば、上の事業が上手くいかない場合で言えば、①金貸しから取り立てを迫られる、②これ以上お金を工面できないかもしれない、③仕入先や客先に不義理をする、などが考えられます。これ以上お金がなくなったら倒産するかもしれない。で、倒産したら何が起こるのか?債権者が怒る、客が怒る、お世話になった人を裏切る、等。じゃあ、債権者が怒ったらなにが起こるのか?法的手続きをすれば、それ以上は何もないね、まあ嫌味はしばらく言われるかも知れないけど、とか考えて行きます。

こうやって考え尽して行くと、最後、自分は何を嫌と感じているのかが分かります。そして本当にそうなったら、その嫌な気持ちを感じながら現実を受け入れるしかない、と心の準備をします。こうやって全てを俯瞰して把握すれば、恐怖心は消え、落ち着いて次の行動に移ることができます。

 

前回、意識に上げれば変えられる、というお話しを致しました。恐怖心も意識に上げて考え尽せば、消えてしまうということです。現代は、本能的な意味での恐怖心は不要な時代です。だから、何か恐怖心を持ったら、何でだろう?と考えて解消してしまいましょう。

メールセミナーfacebookmind up note

Copyright © 2014 Mindup co.ltd All Rights Reserved.