成功するマインドは作ることが出来る!-株式会社マインドアップ

成功するマインドは作ることが出来る!-株式会社マインドアップ

株式会社マインドアップ

東京都東久留米市前沢5-18-12

トップページ > Mind up Note > ■人の通った道を行くことは易しい

■人の通った道を行くことは易しい

2015年01月25日


私は母がガンに罹ったお蔭で、気功に取り組み、今ではガンのヒーリングでプロとして活動できるまでになることが出来ました。僅か二ヶ月で気功の全くの素人から上位レベルの気功師まで腕前が上がったのは、どうしても母の命を救いたいという一心だったけれど、上達しなければ死んでしまう訳で、危ない橋を渡ったものだと思います。

 

「気功でガンが治る」というと、多くの人はオカルトっぽいと感じられると思います。 

私も気功でガンが治る可能性がある、という話しを随分前に知り、そのメカニズムについて科学の枠組みの説明を知っていたから、母の病気が分かった時、知り合いの気功師に迷うことなく施術をお願いしましたし、自らも習おうと思ったわけです。

普通の感覚なら、「身内がガンになったから気功を習って治そう」とは考えないと思います。

 

ではどうやって腕前を挙げたのか?と言うと、勿論、先生について習うのですが、先生からは基本的な取り組み方とか、「こんな感じでやる」と言った助言を1ヵ月に1回受けるだけです。「こういう風に腕を動かす。過去にこれを1日に1万回やって「気功が分かりました」と言った人が居るよ。」と初回に言われました。

 

で、私はその日から毎日、これ以上腕を動かせない、と思うまで繰り返しやりました。3日くらいかけて1万回やり、その後毎日5千回くらいずつ2ヵ月間やり続けましたのでその時点で30万回くらいやりましたが、「気功が分かった」という実感は持てませんでした。ただ、母のガン腫瘍は消えました。

要すれば、結果が出るまでやれば良いのだ、ということだった訳です。 

 

どうしてそこまでやり続けることが出来たのか、というと単純で、「気功でガンが治る」ということを知っていたからだ、ということになります。気功でガンを治した先人が居た、という事実を知っている、ということです。これが、気功でガンが治るかどうか、人類初で挑戦しよう、ということであったなら、あの2ヵ月間の様に努力し続けることができたか、私としては怪しいと思います。

逆に言うと、「〇〇することは出来る」という過去の事実なり実績なりが有りさえすれば、「安心して」努力し続けられるわけです。

 

私は、何か物事を教えて貰う時に、一番重要なのは、「〇〇はやれば出来る」ということを教えて貰うことだと思います。この努力は報われる、と分かっていれば、やり続けることが出来る訳です。

結果が出たことがある、ということを知っているので、結果が出ないとすれば自分の取組みが甘いだけ、と言う風に解釈できる訳で「本当に答えが出るのだろうか?」という不安を抱えながら、「止め時」を心の中で考えるのとでは同じ「結果が出ていない状況」でも、意味が全く異なります。

 

先人が道を付けてくれた跡は、必死に辿れば良いだけです。そういう課題は全速力で駆け抜け、まだ正解を誰も知らない世界を切り拓いていくことが私たちの役目だと思うのです。

メールセミナーfacebookmind up note

Copyright © 2014 Mindup co.ltd All Rights Reserved.