成功するマインドは作ることが出来る!-株式会社マインドアップ

成功するマインドは作ることが出来る!-株式会社マインドアップ

株式会社マインドアップ

東京都東久留米市前沢5-18-12

トップページ > Mind up Note > ■高いゴールをダウンロードする

■高いゴールをダウンロードする

2015年02月02日


コーチングでは「現状の延長線上にないゴールを設定する」ことを説いています。 

そしてこのゴールを設定することは、クライアントに委ねられるべきものです。 

クライアントに替わってゴールを設定することは、「あなたのゴールはこうすべきです。」と言っていることと同じで、職業としてはコンサルタントの仕事であるし、コーチがそこに手を出すと、本質的にはドリームキラーの役割になってしまいますので、「絶対にやってはいけないこと」であります。 

 

さて、理論はこの通りなのですが、実際のところ、このゴールを設定する、ということはなかなか難しく、簡単には出来ないものなのです。 

そもそも現状の中に在って、現状の延長線上にないゴールを設定できるのか?という根本的な問題があります。 

 

ただ、この矛盾は、どんなゴールであれ、そこに向かって動き出すことで、いままでスコトーマ(盲点)に隠れていたものが見える様になり、即ち、新しい世界の地平が見渡せる様になり、そこから新たなゴールを設定する、ということを繰り返すことで、最初の状態では見ることも考えることもできなかったゴールを結果として達成する、というダイナミズムの中で、一応解消できる、と考えます。 

 

問題は、「年収一億円」の様な誰でも思い付けて、現状から遠いゴール(或は仮のゴール)を設定することは一応可能なのですが、ゴールを達成する方法は、「ゴールを達成した世界をイメージして臨場感を上げる」ことにありまるから、一億円を手にした世界を、現状でリアルにイメージできるのか?というところに再び戻って来てしまうという問題があります。 

 

これも、年収が一億円であったら、こんな生活ができる(したい)という事を、先取りしてちょっとずつ体験してみる、ということで臨場感を補える訳ですが、そのイマジネーションの及ぶ範囲は、現状の中ですので、まあ、なかなか辛いところがあるわけです。 

 

こう考えて来ると、誰か思い切り成功している人、自分がああいうライフスタイルを身に着けたいと思っている人の全体像(イメージ)をそっくりダウンロードする(自分のこととして取り込む)ことは、ゴール設定での躓きとそれによるロスタイムを節約する上では、有効な手段ではないか、と思います。 

要すれば、お手本をなぞる、ということですね。 

 

ある時、出来るだけ遠いゴールを設定してみましょう、と言ったら、「年収100億円」と書いた人がいましたが、これなど、臨場感の持ちようがない筈で(世界的にも、年収として100億円を貰うひとは殆ど存在しないと思います。資産が沢山あって、年間100億円が自由に使える人は沢山いると思いますが)、単なる言葉遊びになってしまい、機能するゴールの設定にはなっていません。 

 

こんな羽目に陥るのなら、具体的な成功者像をなぞりながら、「ゴールの達成癖」を付け、適切なゴールの設定の仕方が身に付いてから「ゴールの設定」をする方が実効的です。 

コーチングを受ける側の目的が、自分を現状よりもマシな状態に引っ張り上げること、であるならば、自分の理想のイメージに近いお手本をなぞることは大いに有効だと思います。 

 

メールセミナーfacebookmind up note

Copyright © 2014 Mindup co.ltd All Rights Reserved.