コーチングを体験したお客さまの声

コーチングを体験したお客さまの声

株式会社マインドアップ

東京都東久留米市前沢5-18-12

お客様の声

脱サラを目指すサラリーマン(40代・男性)

サラリーマン生活25年目にして「独立したい。」「独立すべきだ。」「でも、どうやって?」「大丈夫だろうか?」など、思いをめぐらせていたタイミングで、日野原コーチと苫米地式コーチングに出会えたことは、本当にラッキーだったと思います。

日野原さんを紹介してくださった知人にもお礼をいいたいですし、その知人に独立の決意を口にしていたからこそ、今回の機会に巡り合えた訳で、「自分で自分をほめたいと思います。」((C)有森裕子)あの時しゃべっていてよかったなあと。

理屈っぽく疑り深い性格と年のせいで、なかなか自分の考えを変えられないのですが、今回のセッションでの日野原コーチの言葉は、どれも素直に腑に落ちる、納得のいくものでした。感覚としては、自分の持論をくつがえされたというのではなく、自分の考えが及ばなかった領域にあたらしい考えの道筋を付け加えてもらったという感じです。コーチングの言葉や用語ひとつひとつがすんなりと腹に収まる感じがありました。

私には、今回出会ったコーチング理論がたまたま私に適合していたのだろう、なにかのご縁だろうか。などとその偶然性に幸運を感じていたのですが、もしかしたら、このように私が感じる思考経路も含め、偶然ではなく、日野原コーチのコーチングテクニック=洗脳(*注)だったのかもしれないと今は思い返しています。(*注:当社は洗脳は致しません。原文のまま掲載しております。)

いずれにせよ、出会ってからセッション終了までの約1か月の間に、私は確実にマインドアップすることができました。独立の決心もすっかり固まり、迷いや逡巡の気持ちがどんどんと小さくなっています。しかも、論理的に整理された確信の道筋も教えていただいたので、挫けたり後退したりすることなく前に進める気がします。

日野原コーチから授かった思考法(=アファメーション)は、合わせた照準が10年以上も先にあるゴールなので、今はコーチングの成果を成功談として語ることができずとても残念なのですが、5年後10年後の区切りの時点で、ぜひその成果をご報告し、日野原コーチングが本物であったことを証明したいと思います。たくさんの貴重なものを頂いたので、そのご報告が日野原コーチへの恩返しであると思っています。ありがとうございました。

生活雑貨販売事業オーナー(30代・男性)

コーチング、あまり聞きなれない言葉でしたが話す内容は何となく想像できたので正直乗り気ではありませんでした。ただ知り合いからの紹介だったし何より自分自身が色々迷っていたので話くらいはって軽い気持ちでした。

初めて日野原氏とお会いして感じたことは話しやすかったということ。
もちろん日野原氏の人間性もあるが何より話を急かされることなく自分のペースで話が出来るということ。
自分のペースで話が出来るってことは当たり前のようで当り前じゃないというか、日常ではなかなか出来ないことだと感じた。

家族や友達・仲間同士なら気兼ねに楽しく話は出来るけどビジネスの話は別だ。心配はかけたくないし変なプライドも出てしまう。
せっかくのアドバイスも素直に受け入れる自信もない。

日野原氏はしっかりと話を聞いてくれてからそのことに対しての質問だったり次の展開に進んでくれる。そのことが自分の心の中に詰まっている物を吐き出せた。そして的確なアドバイスをしてくれる。時には厳しい意見もあるけど的を射てるので受け入れやすい。友達同士ならこれは難しいと思う。

この言葉が、このアドバイスが心に突き刺さったって感じではなく自分の歩こうとしている道を奇麗に掃除してくれて前を見やすくしてくれる感じ。しかも一本しかないと思っていた道を何方向にも広げてくれて、それを全部自分の辿り着きたいゴールにつなげてくれる。

僕のように迷っている人にはもちろん、しっかり前が見えている人にもコーチングは役立つと思う。むしろ前がしっかり見えている人の方が効果的な気がする。

起業して5年目の経営者(40代・男性)

元々サラリーマンをやっていた私が独立して5年目、事業をさらに拡大していかなければと考えていた時に、日野原さんのコーチングを受けました。

コーチングの効果については、コーチングを受けて成果を出している知人が周囲に数名いるので疑っていなかったのですが、やはり心の奥底で、「イメージしたことは達成できる」ということに確信が持てませんでした。

最初の日野原さんと対面セッションで私のゴールを設定していた時でした。
感覚的なので表現が難しいのですが、子どものときに感じたような心地で、ふわふわふわっとイメージできたのです。あ~この感じ、なんか久しぶりだなぁ、なんか達成できるかも、と思いました。

次のセッションまでにアファメーションを作成するという宿題をいただいて最初のセッションは終了したのですが、日々の仕事に追われ、しばらくアファメーションの作成を怠っていました。
時間の経過に伴い最初の対面セッションで得た感覚が薄れていきたので「これはまずい」と思い、とりあえず次回の対面セッションの日程だけ先に決めて貰いました。日程を決めれば、それまでにアファメーションを作成すると思ったからです。

2回目の対面セッションで私自身のアファメーションを診て貰ったのですが、やはり自分のなかで「こうしなければならない」みたいな、形式に捉われてしまったところがあることが分かり、もっと自由に作成してよいというアドバイスを貰いました。
またその後のきめ細かいフォローアップメールで、アファメーションの作文技術等を詳しく説明していただき、ようやく私独自のアファメーションが完成しました。
仮に私がコーチングを学んだとしても、やはり一人では無理だな、コーチの必要性を痛感しました。

現在は作成したアファメーションを日々イメージしながら、新サービスをリリースする準備をしています。
この新サービスをリリースすればきっと、自分のアファメーション通りになっていくのだろうなと思いつつ、ニヤニヤしながら仕事しています

ジュエリーデザイナー(30代・女性)

これまでコーチングという言葉は耳にしていましたが、正直、それが何かわからないまま、セッションをお願いしました。

日野原さんとお話していく内に、自分がこれまで感覚的に感じていた事に整理がつき、点と点が繋がっていくのを感じました。同時に自然と目標が具体化、顕著化し、また新しい一歩を踏み出す勇気も出てきました。

ビジネスはもちろんですが、プライベート、特に恋愛や結婚に関する私自身の問題も明確になりました。
育った家庭環境も影響して、自分は幸せな家庭を持てないと思い込んでいたのですが、スイッチを一つ入れ替えただけで、簡単に思考をプラスに変えることができたのです。
今回コーチングを受けた事で確実に目標達成までの時短になったと思いますし、これから人生が益々充実していくことを確信しています。
これを機に、沢山の方にコーチングの素晴らしさを広めてゆきたいとも思いました。

本当にありがとうございました。

ジュエリーデザイナー(20代・女性)

「目標が具体的になり、更に新たな夢も広がりました。」

コーチングを受けるのはもちろん、コーチングと言うワードを聞くのもはじめてで、少し緊張していたのですが、実際に先生にお会いするととてもリラックスしてお話が出来ました。

今までなんとなく描き続け、進み続けていた青写真のような目標や夢をもっと具体的にすることができました。
更に、突き詰めることで今まで考えつかなかった新たな目標も出来き、背中を押された感覚です!

会社員(50代・男性)

50代半ばの会社員です。そろそろ定年後の生活も意識する年齢となり、経済的には引退後に大きな不安を感じなくても済む状況ではあるのですが、最近とくに気になり始めていたのが、定年後に自分はどんな気持ちで日々を送っていくのだろうか、ということでした。

仮に60歳で定年、人生80年として引退後の生活は20年もあります。今は会社での仕事を中心とした生活が、自分の日々の時間や意識を十分に埋めてくれていますが、それが無くなった後の長い時間を、会社人間として凝り固まった考え方の延長線上だけで淡々と送っていても、決して充実した気持ちで日々など過ごせないのではないかという漠然とした不安です。

そして、そうした不安の中で、これまで自分自身や自分を取り囲んでいるさまざまなものから、知らず知らずのうちに束縛されたり、型にはめられたりしてきた自分の考え方というものから一旦離れて、これからのことを考えてみることが必要なのではないか、という気持ちが次第に大きくなっていました。

そんな中、このコーチングのことをマインドアップの日野原先生から知り、正直最初は半信半疑でしたが、コーチングを通じて、それまで自分が無意識のうちに作ってしまっていた不必要な枠を飛び越えて、まず自分が本当に望むもの、望む姿とは何なのかを突き詰めて考え、またそこでは自分はどうなっているのかを明確にイメージすることができた結果、それまでの漠然とした不安から解放され、これからの人生を前向きに生きていける気持ちになれました。
日野原先生、どうもありがとうございました。


メールセミナーfacebookmind up note

Copyright © 2014 Mindup co.ltd All Rights Reserved.